スレ大杉なんで2chブラウザ推奨

これ参考にがんばって!!1 → 板追加手順

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50
黒魔術師りしゃこ(9)

1 :名無し募集中。。。:2007/10/19(金) 10:23:36.07 O
戦闘中、ずっと寝ていたりしゃこにお仕置きをする双子…
と、それを叱りつけるミヤビ…


「…ちょっと、あなた達!いい加減にしなさい!」 と、大声で双子を怒鳴り付けるミヤビだったが…
「…あら、いいの?」
「…ホントにいいの?」
「…私達、神様なのよ?」
「…ミヤビちゃんの願い事を叶えた、ステキな女神様なのよ?」

突然の切り返しに絶句するミヤビ…

「…だって、ミヤビちゃん言ってたじゃない?」
「…『神様助けて!』って…」
「…で、私達が助けたから…」
「…私達が『神様』って訳ね!」
と、よく分からない論理を展開する双子…

「…とゆう訳で…」
「…ミヤビちゃんは私達の下僕だね♪」
と、ジャイアニズム爆発の双子に、
「…な、何バカなこと…!それに…あなた達にはお願いしてないわよ!」
と反論するミヤビだが、歩が悪い…


3人の大騒ぎに、ようやくりしゃこが目を覚ました…

黒魔術師りしゃこ(8)
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1191846004/

87 :名無し募集中。。。:2007/10/20(土) 22:38:08.64 O
今、ニュースで携帯小説の話をやってたが、
オイラも携帯小説家?

88 :名無し募集中。。。:2007/10/20(土) 22:40:00.06 0
変態小説家だな

89 :名無し募集中。。。:2007/10/20(土) 23:00:07.81 O
>>88


山田くん!座布団一枚!

90 :名無し募集中。。。:2007/10/20(土) 23:18:29.29 O
狼の成田アキラと呼んでやろう

91 :名無し募集中。。。:2007/10/20(土) 23:18:42.12 O
只今準備中。。。

92 :名無し募集中。。。:2007/10/20(土) 23:48:00.36 0
ほっしゅ

93 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 00:04:41.65 O
『晩餐』が続く中、ミヤビは一通り食事を済ませて一息ついていた…

すると、何やら袖口が引っ張られる感覚がする…
ふと、そこに目をやると、双子が袖口を引っ張っていたのだ…

そこでミヤビは思い出した…双子がわざわざ遠出してまで、ミヤビを呼びにきた理由を…
(…そういえば、トールさんが、今晩『会いたい』って言ってたっけ?)

それを思い出したミヤビは、双子に導かれるまま、トールの元にたどり着く…

アリ氏の屋敷から少し離れたところにトールが待っていた…

「…やぁ…せっかくの楽しいひとときを邪魔して済まなかったね…」
と、呼び出したことを素直に詫びるトール…
そして続けて、
「…実は、これを手渡したかったんだ…」
と言いつつ、何やら布に包まれた棒状のものをミヤビに手渡す…

「…これは!?」
と、訝しがるミヤビに、
「…開けてごらん…」
と、開封を促すトール…

言われるがままに、棒状のものを包んでいる布を解いていく…
そして、開封し終えて出てきたものを見て、ミヤビはあっ!と驚く…

94 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 00:07:38.70 O
>>90


そんなにエロくないつもりですが、変態は否定しません…

95 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 00:15:06.41 0
      |   ___________________        \/
      |    ||        |||        |||        |||        ||   :===≡≡===;
      |    ||        |||        |||        |||        ||    ||         :||
      |    ||        |||        |||        |||        ||    ||         :||
      |    ||____|||____|||____|||____||    ||_____.||
      |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||    |=====|
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ============
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ||━━━━━||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄O━━━━━O ̄ ̄
  /       __☆ノノハヽ _zzz....._________________
/       /   州*´ -`リ()                          /
      / ̄⌒⌒⌒^⌒⌒⌒⌒^⌒⌒^⌒⌒^⌒⌒^⌒⌒^⌒⌒^⌒⌒^⌒⌒^ ̄,)
    //:::#::::#::::::#:::::#::::#::#::::#::::#::::#::::::#:::::#::#::::#::::#:::::#::#::::#::::::#:::::#//
   //:::#::::#::::::#:::::#::::#:::::#::::#:::::#::::#:::::#::::#::::#::::#:::::#::::#::::#::::#:::::#::://
  (___________________________,,ノ

96 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 00:27:08.07 O
何時落ちるかわかんないから、今日は徹夜☆カナ?

97 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 00:50:01.58 O
只今格闘中。。。

98 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 01:03:12.82 O
落としませんよ?

99 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 01:05:53.41 0
難民でやれば良いのに
保全の手間が省けるじゃん

100 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 01:38:58.71 O
突然、双子のパパ・トールから呼び出されたミヤビ…
そして、布に包まれた棒状のものを受け取り、布を解いていく…
そこから出てきたものを見て、あっ!と驚くミヤビ…

中から出てきたものは、鮮やかな緋色の『魔法使いの杖』だ…
初めて見るハズなのに…でも、どこか懐かしい気がする…
何故か、胸に熱いものが込み上げてきて…胸が締め付けられるような気がして…いつしか、ミヤビの頬には涙がつたう…


「…そうか…わかるんだね…これが…」
と、トールが呟く…

ミヤビにはわかっていた…直感していた…
「…これは…お父さん、お母さんの…」

黙ってトールが頷く…
そして、ゆっくりと語り出す…
「…この杖はね…この世界を不安定にさせた『時空の歪み』を調査しに行く前に、キミのご両親が、僕に託したものなんだ…」
そして、ミヤビの手をとって、形見の杖を握りしめるように、と手を添える…

涙が止まらないミヤビだが、しっかりと杖を握りしめる…
何故だか、暖かい温もりを感じる…安らぎを感じる…
「…キミのご両親はまだ捜索中だけど…その杖に温もりがあるうちは…きっと大丈夫だよ…!」


101 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 02:08:03.29 O
只今準備中。。。

102 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 02:17:24.62 O
流れに抗う

103 :名無し募集中。。。 :2007/10/21(日) 03:26:42.07 0


104 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 03:34:21.25 O
「…きっと、キミのご両親も見守ってくれているよ…だから大丈夫だよ…」
と、トールに励まされ、頬をつたう涙を拭うミヤビ…
「…さぁ、みんなのところへ戻って楽しんで来なさい…」
と、言われて、双子と一緒にアリ氏の屋敷に戻っていったミヤビ…
手に形見の杖を、慈しみを込めて握りしめながら…

帰る途中、ミヤビはどこか双子の様子がおかしいことに気がついた…
「…ねぇ、二人とも…どうかしたの?」
と、ミヤビが尋ねるが、
「…ううん…」
「…何でもないよ…」
と、あっさり答える…

しかし、ミヤビにはわかっていた
双子が涙声であったこと…おそらく、ミヤビの身の上話を聞いて同情したのだろう…
そのことには一切気付かなかったフリをして、屋敷へと向かった…


ちょうどミヤビ達が帰ってきた頃には、すっかり宴もたけなわになっていた…
みんな満足そうな顔色をしている…

そこで、アリ氏の締めの挨拶にて『晩餐』は終了した…

そして、りしゃこ達は今日の出来事を振り返りながら、ヤグーの待つ館へと戻っていった…

105 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 05:14:43.76 O
只今寝呆け中。。。

106 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 06:31:41.78 0
   ☆ノノハヽゆ?
    リ*‘ -‘*リ
     (=====)
   __ (⌒(⌒ )
 /\ ̄ ̄し' ̄ ̄ ̄\
  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄
         | |
       / \ 


107 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 07:15:24.80 O
☆ノノハヽ
州*‘ ○‘リ

108 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 08:29:13.14 O


109 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 09:30:15.63 0


110 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 10:25:01.43 O


111 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 11:20:37.75 O
只今構想検討中。。。

112 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 11:46:10.07 0

       _,,,......,,__
  /_~ ,,...:::_::;; ~"'ヽ
 (,, '"ヾヽ  i|i //^''ヽ,,)
   ^ :'⌒i    i⌒"
     リ*‘ -‘*リ ゆ?
      |(ノ   |つ
      |     |
     ⊂ _ ノ
       ""U



113 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 11:54:04.11 0
.   ★ノハヽ
    从*´∇`)  のにゅのにゅしよ〜よ♪
 (( (  つノノハヽ キャハハハ
"⊂´ヽJつ川*^∇^)つ "


114 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 12:06:43.82 O
『晩餐』を終えて、みんなはヤグーの館へと戻った…
だが、主の姿は無く、代わりに書き置きがしてあった…
『ちょっと所用で出掛けます。明日の朝には戻ってますので安心して下さい
―ヤグー』

「…変ねぇ…ヤグーさん、今日は出掛けるなんて、一言も言ってなかったのに…」
と、メーグルが小首を傾げる…
「…まぁ、気にしすぎじゃねーの?」
「…そうそう!あの人のことだから、また、ヒョコっと帰ってくるわよ…」
と、心配性のメーグルをマイミン・エリカンが気を紛らわせる…

「…何もなければいいんだけれど…」
と、メーグルは独り言を呟きながら、部屋へと戻っていく…

その前に一言、
「…みんな、明日は頑張ろうね!」
と声をかける…

「…うん!」
「…頑張ろう!」
「…任せなさい!」
と、みんなから思い思いの返事が返ってくる…

とてもいいムードだ…
(…これなら、きっとうまくいく!)
と、思いながら、メーグルは部屋へと消えた…


「…じゃあ、ウチらも…」「…撤収しますか!」
マイミン・エリカンの言葉を合図に、みんながそれぞれの部屋に帰っていく…

115 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 12:08:10.01 O
>>113


もうちょっと後で!
それまでお預け!

116 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 12:20:55.34 0
       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    | ゆ?
  \     ` ⌒´     /


117 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 12:56:22.93 O
>>116

可愛くない…

118 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 13:35:15.27 0
       ____
     /     \
   / ●    ● \
  /::::::       :::::: \  
  |    (__人__)    | ゆ?
  \     `ー'´    /

119 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 14:25:20.53 O
>>118

それでも可愛くない…

120 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 15:22:19.89 O
マイミン・エリカンの合図をきっかけに、それぞれのメンバーが部屋へと戻っていく…

そして、りしゃこ達は様々な思いを胸に、休憩に入ろうとしていた…

「…いよいよ、明日だよね…」
「…そうだね…もう、明日なんだね…」
「…早いよね…」
「…うん。…ねぇ、チーは不安じゃないの?」
「…すっごーく!不安だよ!…だって、あと一週間もしたら、世界が滅亡するかも知れないんだよ?
…アタシだって、まだまだやりたいコト、い〜っぱい!あるのに!」
「…そうだよね…。決勝戦には、この世界の運命が決まっちゃうんだよね…」

「…ねぇ、ユリー!」
「…わ、わ、わ?何すんのよ!?」
「…ねぇ、今日だけでいいの…一緒のお布団で寝ても…いい?」
「…って、もう潜り込んでるじゃん!?」
「…だって…不安なんだもん!…でもね、アタシ…ユリーと一緒にいると、すごく落ち着くの…」
「…だからって…?」
「…ねぇ、いつだって…安心したいのよ…ユリー」

そう言うと、あっという間に、チナリは夢の中へと旅立ってしまった…

一人になったユリーナは、やれやれ…といった感じでチナリと一緒に眠りについた…

121 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 15:34:18.16 0
    ☆ノノハヽ
⊂⌒ つ*´ -`リっ

122 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 15:39:45.73 0
                        よ〜し、作るぞ〜〜〜
                         ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ┏━┳━━━━┳━━━┓        ノノ""ヾ
   ┃川*^∇^)||と(   )っ ..┃      \从´∇` 从/
   ┃              ..┃         (   )
   ┣(_)━ノノハヽ━(_) .┫         (_(__つ
   ┗━┻━━━┻━━┻━┛






           (_)(_)       ノノ""ヾ
           川*^∇^)||      从´∇` 从<…
           と(   )っ      と(   )っ
            ノノハヽ        (_(__つ


123 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 16:06:10.41 O
从*´∇`)<>>123ならチャンス目!ユリーナとお風呂ー!

124 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 16:46:31.78 O
只今準備中。。。

125 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 17:09:27.87 0
安部礼司中

126 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 18:09:37.40 0
☆ノノハヽ
州*‘ o‘リ<ほ


127 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 19:06:49.12 O
とりあえずほ

128 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 19:26:37.75 O
そして、サキとモモは、二人して明日の打ち合わせをしていた…

「…ねぇ、モモ…。明日なんだけどさ…?」
「…明日が、どうかしたの?」
「…うん。…ワタシ達、りしゃこを優勝させてさ、ヤグーさんの計画を止める…ってのが最大目標、だよね?」
「…何を今さら…」
「…でね、アタシが『白魔法の書』を預かったのは…話したっけ?」
「…聞いてるよ…今日も特訓したじゃん?」
「…でさ、今回の『大会』は一週間かかる長丁場になると思うの…」
「…誰だって、そう思うわよ、フツー…」
「…で、アタシの考えなんだけど…予選は突破するけど…決勝トーナメントは早くリタイアしよう、って思うの…」
「…サキらしいよね…」
「…あれ?驚かないの?」
「…いかにも、サキが考えそうなことじゃん!?…わかってるわよ。…欲を捨てて、裏方に回ろう、ってワケでしょ?」
「…そうなんだけど…」

「…わかってるわよ!…キャプテンの言う通りにするわ!」
「…モモ!」
「…サキが疲れてると、りしゃこを回復してあげる人がいないもんね…!」
「…モモ!…ありがとう…」

129 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 19:33:47.41 0
カリス・マヨル

130 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 19:53:44.15 O
>>129


何の暗号でしょうか?ワタシにはサッパリーわからないです><

131 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 20:08:02.46 0
カニス・マヨル

132 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 20:57:11.71 O
大犬座はわかりました…が、ハテ?

133 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 21:29:28.75 0
カニス・ミノル

134 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 22:26:45.87 O
只今準備中。。。

135 :名無し募集中。。。:2007/10/21(日) 23:16:41.41 0
只今待機中。。。

35KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2005-12-31